世相を読む
ニュースの記事などを、私の主観的な観点から読んでいきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
民主党大敗の原因の考察 <組織面>
その2ということで、組織面を書いてみたいと思います。

民主党の組織面のおかしさとして、下記の3つがあげられると思います。
1.得票への認識のおかしさ
2.内部闘争
3.組織のひずみ


1の得票への認識のおかしさは前回の選挙終了時にさかのぼります。
あの時点での認識がおかしかったのでその後の対応がおかしくなり今回の歴史的大敗を招いたというのが私の考えです。
前回民主党は議席数を伸ばし、いよいよこれから2大政党時代の始まりだと声高に叫んでいました、しかし、実際は民主党の基礎票+反自民票というのが正確なところで、以前に、自民党のお灸を据えるために社会党に投票したというのと同じ質の票が入って躍進しただけだったというのが私の考えです。
なので、選挙後に票を入れてくれた人たちに対して民主党のファンになってくれるように実績を残していかなければいけなかったのにそれができていなかった。そこへ今回小泉さんが自民党再生に基づく改革推進ということを明確に示したのでその票がゆり戻しとして自民党に流れたと考えられます。

次に2の内部闘争ですが、これはもう民主党のお家芸といってもいいのではないでしょうか。
本来政権を争奪するというのは非常に大きなことで、一朝一夕にはいかないのは容易に想像ができます。
段階的に一歩一歩国民からの信用をつんでいかなければなりません。
仮に3つくらいのステップが必要になるとした場合、民主党は1つ目のステップが上手く行った時点で内部の権力闘争が勃発し、そこで瓦解してしまいます。政権をとったらすぐに瓦解して民主党政権なんか長くは持たないだろうと思っていたら、今回も選挙期間中に小沢さんが鳩山さんと組んで次の選挙の相談をしているなど政権をとる前に瓦解してしまいました。

最後に3の組織のひずみですが、これはもう普段の報道で誰でも簡単にわかるでしょう。
はっきり言って誰がNo.1かが解からない。
岡田さんが代表といいつつ、姑の菅さんや鳩山さんがあちらこちらで好きなことをいい、小沢さんが岡田君もこのくらいやらなければなどという感じでメディアで発言している。
評論家がいうならまだしも現役の政党の議員がそんなことをいっているようではねえ。

まあ、あちらこちらの政党からあぶれた人たちの集まりだからしようがないといえばしようがないのかもしれませんが、2大政党というからにはもう少ししっかりしてもらいたいものです。

かなりしっかりかな、やっぱり。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tochiro.blog8.fc2.com/tb.php/92-1db3f6be
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。