世相を読む
ニュースの記事などを、私の主観的な観点から読んでいきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
郵政民営化反対の不思議
民営化の是非というものではなく話の流れを書いてみます。

もともと小泉さんは首相になる前から郵政民営化が持論で、それを実現するために自民党の総裁になり、日本の首相になったのだから民営化を強力に推進するのはあたりまえだ。

総裁選のときだってそれを承知でみんな票を入れたのだから党を一つにまとめようとするのであれば民営化推進でまとまるのが筋というものだ、選挙だってそれで勝ったんだし。

当時の小泉さんは人気があったので、選挙では彼を担いで小泉人気にあやかって、いざ民営化という話になったら反対してつぶしてしまえばいいと思っていたら意外としぶとくここまで突き進まれてしまったというところだろう。

国民を馬鹿にするのもいい加減にしてもらいたいものだ。

しかし政局としてはおもしろくなってきたなあ。
ひょっとしたら吉田茂首相のバカヤロー解散以来の珍事か?




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tochiro.blog8.fc2.com/tb.php/74-f9be2457
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。