世相を読む
ニュースの記事などを、私の主観的な観点から読んでいきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
今回のマイケルジャクソン事件はなんだったんだろう。
話題のマイケルジャクソン氏の性的虐待問題が被告のマイケル氏の無罪で幕を閉じた。
詳しくは、白ではなく「黒と言い切れなかった」という判決だった。アメリカではこれを不服としている人も多いようだし、日本でも陪審員制度に問題があるのではと騒がれているようだが、真相はさておき、今回提出された証拠や提示されている状況で今回のことだけを見ると、まあ妥当な線かなという気がする。
風評や印象に傾いて、証拠能力を超えた判決が出るというのはやはり司法制度としてあってはいけないと思うからだ。

今回の事件はいったいなんだったんだろうか。
ニュースなどを見ていると、もともと起訴となった証拠は無く、被害者とその兄弟の証言だけだったということだ。そもそも有罪まで持っていくのは難しかったのではないかと思われる。

ここから類推される裏側としては、検察側は、もともとマイケル逮捕に執念を燃やしていた検事側の勇み足だった印象も受ける。もう少し裏を取るとか、証拠などを固めてから起訴すべきではなかったのだろうか。確かに他にチャンスはなさそうではあるがやはりこの状況では難しいと思われる。
(詳細は後述します)
ここだけ見ると、陪審制度を利用して力で勝利をもぎ取ろうとしたのは検察側のようにも見受けられる。

対してマイケル側は、(ここが検察には他にチャンスがなさそうということろですが)本当の被害者にはきちんとケアしていて表沙汰にはならないようになっているのではないだろうか。最近解雇されてしまったが長年仕えていたマネージャーの存在や、今回の被害者とされる少年の母親が他の有名人にもいろいろな脅しをかけて和解金をせしめようとしていた過去などを考えると、他の少年が被害にあって口止め料をせしめている話を聞いて、マイケルに脅しをかけたという推測もあながち荒唐無稽ではないと思われる。

今回の事件全体から私が受ける印象というのは、金目当てで訴えを起こした原告、そして被告がマイケル・ジャクソンというスーパースターだったことに対してマスコミが大騒ぎしていただけの単なる狂言だったのではないかということだ。
今回これで判決は確定してこれ以上操作もされないので真相は闇の中だが。


P.S.
今回の報道でもマスコミの間抜けな報道ぶりが目立ったように思われる。
アメリカで騒がれている裁判ということで陪審員制度に絡めて報道して、その制度上の不備をいろいろとコメントしている報道が多かったが、論点が明らかにずれている。証拠不十分のまま有罪とされたらそれはおかしいが、もともと証拠が無いんだから「黒と言い切れない」というのは妥当な判断ではないかと思う。
もっとしっかりしてほしいなあ。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
冷静な分析。こういう記事にはコメントがなく、有罪と思いたい人間が集まるところにはコメントがいっぱい。要するに真実を知りたいのではなく、有罪と決め付けたい人間が多いということ・・・。冤罪はこうして生まれるということがわかる。
冤罪の被害者の苦悩なんて想像すら
できない大衆の怖さ、マスコミの卑劣さを見せ付ける事件、それがマイケル裁判の本質だ。
2006/05/25(木) 13:44:12 | URL | 奈々氏 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tochiro.blog8.fc2.com/tb.php/54-9e780f95
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。