世相を読む
ニュースの記事などを、私の主観的な観点から読んでいきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
経団連 奥田会長 米自動車の支援を検討
経団連の奥田会長がGM・フォードの赤字決算を受けて、米自動車の支援が必要だと発言している。具体的な支援内容としては、技術提携とトヨタ車の値上げである。
NIKKEIの記事より
これを見て感じたことは、もう既にトヨタ自動車が実質的な自動車業界のリーダーなのではないかということだ。アメリカやヨーロッパの人は認めたくないかもしれないがこういう発言が出るということはその可能性は十分にある。

これまでの日米自動車会社の経営手法の経緯を生産技術と販売の面から見てみると、減収・減益時の対応として、日本企業は原価低減や、これはあまりほめられたものではないがサービス残業などでコストの方にテコ入れをしてきた。対してアメリカ企業のほうは政治的圧力をかけるなどして、コストや品質に手をつけずゴリ押し販売をしてきた。ここでアメリカ企業は、消費者に信頼性に代表される品質面で不信任を突きつけられているという事実を見過ごしてしまったといえる。また、業績回復後を見てみると、日本は従来どおりの経営に戻り、従業員に正規の給与を払い、再び新製品の開発や品質・コストの改善にいそしんできた、対してアメリカ企業は、経営者に多大なボーナスを支給して、その上で従来の経営に戻るということをやっている。ここでいう従来の経営というのはそう高くない信頼性の車を販売し、良くはない燃費はそのままというものである。この業績回復時の利益の使い方に大きな問題があるように見受けられる。日本は手にした利益を時期主力商品などへの開発投資に投入し、アメリカは一部の経営者の懐に入っていくのである。

長年のこの経営姿勢の違いによる蓄積によりアメリカ企業は既に生産技術やコスト構造の面で自力で日本企業に追いつけない状態になっているのではないだろうか。低燃費やハイブリッドをはじめとする環境技術や営業利益からくる開発資金で勝る日本企業との技術提携といえば、技術供与的な内容になることは予想される。このように競争を緩めないと相手が危ないと思わせるということは、実質的にはもう既に、トヨタ自動車が世界の自動車メーカーのリーダー的な存在になってきているということのあらわれだと思う。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tochiro.blog8.fc2.com/tb.php/16-77131899
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。