世相を読む
ニュースの記事などを、私の主観的な観点から読んでいきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
民主党 結局内輪もめか

堀江メールで世間を騒がせてくれた民主党、今週末に鳩山さんがテレビ番組に出て謝罪をしていました。

内容を聞いていると、執行部が幹事長にも情報を出さずに事を運んでいたとのこと。
ここから見えてくるのは、民主党内の世代間の権力闘争だ。

ITというベテランが手を出せなさそうな問題で一気に点を稼ごうとした若手執行部の焦りが今回の問題を引き起こしたとしか思えなかった。
若手とはいえ、事実の検証の質に関しては堀江氏にも及ばない幼稚なレベルでしかなかったが。

今回の本当の民主党の罪は、あやふやな情報で国会を騒がせたことでなく、有権者のことなどまったくかえりみず、国家の最高機関で党内の内輪もめをやらかしたことだ。

このことを肝に銘じてもらいたい。


スポンサーサイト
堀江メール 民主党のダメダメな対応
始まる前にかなり雲行きが怪しくなってきていた党首討論会でしたが、実際ひどいものでした。

大人の自民党と子供の民主党という格の違いを見せ付けられただけで、何のプラスにもならなかったですね。

一言でまとめると、小泉首相が言っていた通り「民主党よ、がんばってくれ」の一言です。

話の進め方や、押さえた証拠の裏は事前にきちっとしとかないとね。

自民党も、マスコミも、国民も、大人はみんな忙しいんだから。



ライブドア株 訴訟リスクをどう見るんだろう?

1月末から現在までに、米投資会社が62億円かけて大量にライブドア株を取得している模様。

勝算なしで賭けれる金額ではないと思う。

公表されている会社の簿価が信用できないだけならまだしも、フジテレビを始めとした株主からの訴訟により、さらなる現金流出の可能性もある。

この投資会社はライブドアの訴訟リスクをどう見ているんだろう。



堀江メール いよいよ党首討論会だ

爆弾発言の次の一手が全く打てない民主党。

「メールの信憑性は高い」と、党首がニヤニヤしながら言っているだけで結局何も出てこないまま今日の党首討論会に突入する。

何か隠しだまでもあるんだろうか?

今晩のニュースが楽しみだ。

堀江容疑者 このままではやったもん勝ちだ

徹底抗戦の構えを見せている堀江容疑者。

弁護団も強力な布陣で来るだろう。弁護費用もかなりの額になるはずだ。

その金がどこから出てくるかといえば、粉飾決済と風説の流布により一般の投資家から巻き上げた金からだ。

このまま無罪になるようなことがあればやったもん勝ちということになってしまう。

検察にはがんばってもらいたいものだ。


佐藤琢磨もこれで終りか?
佐藤琢磨選手が大方の予想通り、スーパーアグリチームからの出走とあいなった。

琢磨選手は故アイルトン・セナと似たようなルートでF1にあがってきたので、私も日本人初のワールドチャンピオンの誕生か?と当初は喜んでいたが、その後はだんだんおかしなことになってきている。

日本人タニマチの運営するチームからの出走じゃあ現役の時の亜久利さんと同じだもんなあ。

しかし、同じということは一つだけいいことがあって、うまくいけばたなぼたしきに表彰台に登れるかもしれないということだ。

なんだあかなあという気もするけど。

幼稚園児殺害 原因は人種差別か?

2人の幼稚園児が通学途中に、同級生の母親に殺害されるという痛ましい事件が起こった。

犯人は中国人。

殺害された幼稚園児には相当数の刺し傷が合ったことから怨恨、それもかなりのものだったことが推測される。

原因はやはり人種差別だろうか。

あるいは言葉の問題からミスコミュニケーションにより過度のストレスが蓄積されていた可能性もある。


いずれにせよ再発を防止しなければいけないので、きっちりと原因が究明されることを望みます。


堀江メール 民主党の勇み足か?

武部さんの知らぬ存ぜぬに対してこれといった手が打てない民主党という構図の中、こう着状態に陥っているこの問題。


この手の金銭授受に関して通常の口座を使うのだろうか?
そもそも堀江さんは隠し口座が得意な人だし。
という憶測を含めて考えると武部さんの言い分はちと怪しい。

対する民主党はというと、出所不明のメールと情報提供者がビビッていると言うだけではチト押しが弱いなあ。
ITにからっきし弱い国会議員も多いことを考えると実際どこまで本当なんだろうかと思ってしまう。

ガセネタかどうかはともかくとして、「民主党の勇み足だった」という可能性も少ながらず出てきた。

さあ、これからどうなるんでしょう。


堀江メール どっちもどっちだ

ライブドア前社長の堀江さんから自民党の武部幹事長の次男への、3千万円の金銭授受が騒がれている。

問題を提起した民主党は、「メールの控えを手に入れたから証人喚問をしよう」と主張している。

武部氏の対応は、「党内での調べに対して本人は知らないといっている」というものである。

どう考えたって口座記録などで送金の事実があるかどうかをベースに話をしなければいけないのに、どっちもそこをはずしている。

どっちもどっちだ。

首相と幹事長のお値段

元首相は1億円もらって「記憶にございません」

現幹事長は3千万円もらって「わが弟です、息子です」ときたもんだ。

やはり首相と幹事長は格が違うってことでしょうか。



原田選手 だから嫌いになれない
先ほど原田選手をチクッと刺した私ですが、嫌いかというと実はそうでもありません。

何かのインタビューで、「自分が外国勢に勝てないと言うと、後に続く若い人がいなくなってしまう、だから自分は挑戦し続けて、それを周りにアピールするんだ」というようなことを言っていた。

こういうのを聞くと嫌いになれないんだよな。

マスコミの対応なんかを見ているとホント人格者だもんなあ。

失敗をしても擁護するコメントが結構多いってことは、報道の関係者にもファンが結構多いんでしょうね。

原田選手 素人じゃあるまいし。
またやっちゃいましたね。

体重が200グラム足らずに失格。

ドラマがある男といえば聞こえは良いですが今回は単純なミスです。

ああいう競技の選手というのは何ヶ月も前からウェイトコントロールをしているものなので、当日ちょっと動向という問題ではそもそもありません。

ここ数年ルール変更の多い競技なんだからレギュレーションの事前のチェックは当たり前です。

あんなとこまで行って何やってんだかなあ。

神戸空港の開港
半径25キロ以内に3つ目の空港開港。

関空の収益性が問題になっている中で開港して大丈夫なんだろうか。

関空がそのまま沈んでいくか、それもと3つ巴で落ちていくのか。

どうなるんだろう。



東横インの社長が涙の謝罪
最初の罪の意識が全くない爆笑記者会見から一転して涙の記者会見となった模様です。

いったい何があったのだろうか。

それより最初が最初だっただけに本気で反省しているかどうかはいまだに怪しい。

世の中には変わった人もいるものだ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。