世相を読む
ニュースの記事などを、私の主観的な観点から読んでいきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
星野巨人監督はどうなるんだろう
世間を騒がせている問題ですが、これが実現した場合プロ野球はもっとだめになるのではないかなあという気がします。

実現は難しいといいつつ、実際には星野さんを頼らずに巨人軍を強化して、巨人・阪神の2強時代をつくるとか、巨人・阪神・中日の3つ巴のこうずをつくるほうが難しく、その難しいほうが正しい選択であることが世間では往々にしてあると思います。

マスコミが書くことが無いときに、東スポ風に「星野巨人誕生か?」と?付の見出しで記事を書いていくぶんにはおもしろいですが、現実のものとなると興ざめします。

関係者それぞれに対して感じることは下記のとおりです。
星野さんに対して
今までアンチ巨人でがんばってきて、それに共感して応援してきた人も多いはず、いまさら自分が巨人になってしまったらあなたは今まで何をやってきたんでしょう。

阪神球団に対して
星野さんの巨人入りを暗に容認していますが、要は自分のところは優勝できなくてもかまわないということでしょうか、そういう気構えだからダメ虎になったりしていたんだと思います。
やる気の問題ですね。

巨人に対して
そうやって、短期的な成績でバンバン首をはねて、空いたポストを他球団からの移籍で補うという手法と、清原問題に代表されるような監督の意向よりも安易に視聴率を取れるスタメン決定手法が問題をここまで大きくしてきたのではないでしょうか。
内部で人材を育てていないからこういうときに落ちるとこまで落ちるんですよ。


星野さん、阪神さん、巨人さん、今まで築いてきたブランドをファンを裏切る形でぶち壊しにして果たして明るい未来はあるのかな?
観る人あってのプロスポーツですよ。





スポンサーサイト
ゲキジョウ型選挙
選挙戦も加熱してきて小泉さんのいつもの絶叫節も聞かれるようになって来ました。

さてここでふと思ったことがあります。

よくゲキジョウ型の選挙といわれていますが、小泉さんが反対派に激怒して始まった選挙です。

感じとしては
「劇場」と「激情」
どちらを当てはめたらいいんでしょうか。

両方兼ねれるから「ゲキジョウ型」ってことかな。(笑)




ホリエモンの真意
いろいろと物議をかもしていましたが、やはり出てきましたね、ホリエモン。

選挙区は広島6区。

無所属の出馬というのは上手いですね、特定の政党に属さず、独立を維持しながら選挙では自民党の応援を得るというのは企業のトップとして上手い落としどころだと思います。

ここは有権者層が特殊で、20代が20%くらいしかいなく、50代60代の方が多いそうです。

元々若年層に強いホリエモンですが、はてどうなんだろう?と思ってしまいました。

そこで発想を転換してみると別のものが見えてきました。
そう、ライブドアが弱く、プロバイダーや検索エンジンとして食い込みたい段階の世代が多いということですね。

とりあえずここで宣伝できるだけ宣伝して、落選したらそれはそれで別にいいという感じではないんだろうか?
なんとなくそんなことを感じてしまいました。

もしそうだとしたら選挙というのもずいぶん地に落ちたなあという感じがします。

実際のところはどうなんでしょうね。
本人は絶対言わないでしょうけど。





辻本議員 出馬決定
「敗者復活のしやすい社会を」と訴えているが、起業・創業の際の敗者復活がしやすいというのとコンプライアンスを無視した議員の敗者復活がし易いということを混同してもらっては困るんだけどなあ。

P.S.
どうせ世間を騒がすんだったら、北海道の選挙区から出馬して、

「疑惑のデパートvs疑惑の小売店」

の戦いを見てみたいものだと思うのは私だけかな。


新党結成
参議院での郵政民営化案否決の前に綿貫氏は、新会派「王道会」を結成して郵政民営化を阻止するといっていたが、いよいよ離党して新党を結成することになった。

裸の王様だったってことだろうか。

自民党を離党してしまうと今度は当選しても自民党には戻れなくなってしまうのでもともとの地元の地盤がどこまで応援してくれるのかははなはだ疑問だがどうなるんだろうか。
自民党じゃなくなっちゃったら政界への影響力も格段に落ちるしねえ。

ま、なんにしろ今回の選挙はまだまだ見所はありそうですね。



小泉純一郎首相の8月15日靖国参拝はどうなるんだろう
小泉首相が靖国神社に参拝するかどうかが巷をにぎわせている様だが実際にはどうなるんだろう。

あの人の性格を見るとやっぱり行くんではないだろうかという気がします。
公約であり、また、今回行かないともう首相としていく機会が無いかもしれないという思い、また、分裂選挙のなかで遺族会の組織票を獲得して比例代表の基盤と固めたいなどの事情からである。

もともと変わった人なので最終的にどうなるかは分からないですが、今年こそ8月15日の靖国参拝があるかもしれません。

民主党の岡田代表、「他党からの投票拒まず」
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20050814STXKA021514082005.htmlより

まともな対案も出さずに反対反対と、やっていることは旧社会党(元社民党)
と同じである、とても政権を任す気にはなれないなあ。





いよいよ解散総選挙だ。
小泉さんは変わった人だと思っていたが、筋金入りの変人らしい。

小泉氏いわくの「変革の人」という意味でもある。

いよいよ小泉改革が今後の政治の流れに定着するかどうかという歴史的な選挙でもある。

郵便局職員や特定郵便局長の方々に大きなしわ寄せが行くのは大変残念ながら、日本の現状と今後を考えるとやはり「小さな政府」を目指さなければならない。

小泉首相とその改革推進派にはがんばってもらいたい。





スペースシャトルはもう限界なんじゃないだろうか。
日本人飛行士の活躍に沸いているところに水を差して申し訳ないですが、もう少し深い部分での見たままの感想を書いてみます。

打ち上げのたびに帰還に致命的なトラブルが発生しているスペースシャトル。

当初の設計値以上の負荷がかかっていてもうすでに耐用年数ギリギリなのではないだろうか。
ふと思います、打ち上げのたびに宇宙で修理して、直せないくらい致命的だったら救出手段を考えて、いいと思ってダメだったら大気圏突入で爆発、これはちとどうかと思います。

他のみんなはどう考えているんでしょう。



体罰により生徒死亡 処罰はどうなるのだろうか。
中1男子、熱中症で死亡か=体調不良見落とす??柔道合宿で体罰問題・兵庫

 神戸市立御影中1年の永原佑紀君(13)が柔道部の合宿に参加中、体罰を受けた後に死亡した事故で、遺体を司法解剖した結果、死因が熱中症による急性心不全とみられることが3日、分かった。兵庫県警津名西署は永原君が体調を崩して倒れるまでの経緯について、詳しく調べる。
 調べなどによると、永原君は1日から淡路島での合宿に参加。2日午前までは元気だったが、昼以降は頻繁にトイレに行ったり、練習場の隅で寝そべったりするようになった。
 このため、柔道部顧問の男性臨時講師2人が「練習をしっかりやれ」などと説教。このうち29歳の講師が永原君をホテルのロビーに正座させた上、顔を平手で殴ったり腹をけったりするなどの体罰をした。
 神戸市教育委員会によると、2日は午前6時15分から練習を開始。5分間の休憩(計3回)や食事を挟み、午後5時20分まで練習した。練習場の武道館には、4つの中学校から約100人が集まっていた。
 市教委の小川雄三教育長は「体調不良のサインを見落とした可能性がある。講師2人から事情を聴いた上で厳正に対処する」としている。 


時事通信より

死亡まで行くのはあまり無いとして、全体の体罰による暴行傷害の件数からいえば氷山の一角なのだろう。

厳正に対処するとなっているが最終的にはどうなるのだろうか。
殺人事件の犯人としてきっちり処罰してもらいたいものだ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。