世相を読む
ニュースの記事などを、私の主観的な観点から読んでいきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
バリの同時爆弾テロ
インドネシアのバリ島でまた爆弾テロが起きたらしい。

イラクではまだ戦闘が続いているが、なぜ今バリ島で起こるのだろうというのが率直な感想でもある。
イラクでの戦闘が手詰まりだから海外でテロをやったというこの名のだろうか。迷惑な話だ。



スポンサーサイト
6カ国協議の不思議
中国が主催しているのに北朝鮮の核保有要求を取り下げられないのは不思議だ。

もともと中国も朝鮮半島の非核化を望んでいたのになぜだろう。

北朝鮮への中国の影響力が弱まっているのかな?

はたまた、北朝鮮への影響力は維持しつつ核を持たせて今後のアメリカなどとの交渉のカードに使用しようと考えているのかな?

まあ、中国も北朝鮮も現在の政治体制が末期症状にきているので少し暴走しているのかもしれませんけどね。




北朝鮮が日本海に向けてミサイル発射!
まあ、サッカーのワールドカップが第三国で開催になったことを日本のせいにして、「日本に天罰を与えてやった」と国内に宣伝したいのだろう。

相変わらずクレージーな国だ。

にしても、あれだけ情報操作が徹底している国なのだから本当に発射しなくても宣伝だけできるんじゃないかなあ。
ひょっとしてもう軍部の暴走を止められなくなっているのか。

崩壊するのは案外時間の問題かもしれないが、おかしな終わり方をして暴走だけはしてほしくないものだ。
まあ、崩壊するときは北朝鮮軍部と中国が結託して、クーデターを起こし、中国が金日成を政治難民として引き取る、という終わり方かな。
中国は知らんぷりを決め込むかもしれないけど。

それにしても、北朝鮮国民がサッカーの試合で警備の人間に食って掛かっていたのには驚きましたね。
あんなことは絶対しない国民だと思っていたのに。





謝罪できない中国政府
しきりに日本への謝罪を要求し、日本からの要求を突っぱねている中国ですが。
多分きっぱりとした謝罪はできないでしょう。

今回のデモはどう見ても国内問題であり、たまたまきっかけが日本の教科書問題で、対外的な問題だから国内のガス抜きにちょうどいいという思いと、日本のことだから戦争問題で文句を行っておけば何も言ってこないだろうと状況を甘く見ていた中国政府のミスがここまで事態を悪化させたように見えます。

ここで日本に謝罪をすると、中央政府の弱腰を責める機運が強まり、本源的な問題である経済改革や、共産主義に資本主義を取り入れていくという政治的なひずみに火がついて体制を維持できない可能性が出てきているのでしょう。

もともと、情報はかなり偏ったものしか流していないのでいまさら実はこうでしたと引くに引けないところもあるんでしょうけどね。

なんか北朝鮮に似ているなあ。

日本政府には、中国からのおかしな言い分に屈せず、きちんと日本としての補償と謝罪を要求していってもらいたいものです。

特に、このデモ騒ぎを使って中国が有利に進めようとしている海底資源問題もきっちり視野に入れて交渉してもらいたいものです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。