世相を読む
ニュースの記事などを、私の主観的な観点から読んでいきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
佐藤琢磨もこれで終りか?
佐藤琢磨選手が大方の予想通り、スーパーアグリチームからの出走とあいなった。

琢磨選手は故アイルトン・セナと似たようなルートでF1にあがってきたので、私も日本人初のワールドチャンピオンの誕生か?と当初は喜んでいたが、その後はだんだんおかしなことになってきている。

日本人タニマチの運営するチームからの出走じゃあ現役の時の亜久利さんと同じだもんなあ。

しかし、同じということは一つだけいいことがあって、うまくいけばたなぼたしきに表彰台に登れるかもしれないということだ。

なんだあかなあという気もするけど。

スポンサーサイト
原田選手 だから嫌いになれない
先ほど原田選手をチクッと刺した私ですが、嫌いかというと実はそうでもありません。

何かのインタビューで、「自分が外国勢に勝てないと言うと、後に続く若い人がいなくなってしまう、だから自分は挑戦し続けて、それを周りにアピールするんだ」というようなことを言っていた。

こういうのを聞くと嫌いになれないんだよな。

マスコミの対応なんかを見ているとホント人格者だもんなあ。

失敗をしても擁護するコメントが結構多いってことは、報道の関係者にもファンが結構多いんでしょうね。

原田選手 素人じゃあるまいし。
またやっちゃいましたね。

体重が200グラム足らずに失格。

ドラマがある男といえば聞こえは良いですが今回は単純なミスです。

ああいう競技の選手というのは何ヶ月も前からウェイトコントロールをしているものなので、当日ちょっと動向という問題ではそもそもありません。

ここ数年ルール変更の多い競技なんだからレギュレーションの事前のチェックは当たり前です。

あんなとこまで行って何やってんだかなあ。

シューマッハも大人になった
先日のベルギーGPで琢磨に追突されたシューマッハが琢磨のことを危険だドライバーだといって非難していた。

そう、実はシューマッハも昔は危険なドライバーと言われていたのです。

もっと昔に危険なドライバーと言われていたアイルトン・セナに危険なドライバーといわれていたシューマッハですが、今度は自分が後進のドライバーを危険といって非難するようになったのです。
ワールドチャンピオンになると人間変わるんだろうか、みんなこうして成長していくのですね。(笑)

P.S.
アラン・プロストの若かりしころはいったいどうだったんだろう?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。