世相を読む
ニュースの記事などを、私の主観的な観点から読んでいきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
体罰により生徒死亡 処罰はどうなるのだろうか。
中1男子、熱中症で死亡か=体調不良見落とす??柔道合宿で体罰問題・兵庫

 神戸市立御影中1年の永原佑紀君(13)が柔道部の合宿に参加中、体罰を受けた後に死亡した事故で、遺体を司法解剖した結果、死因が熱中症による急性心不全とみられることが3日、分かった。兵庫県警津名西署は永原君が体調を崩して倒れるまでの経緯について、詳しく調べる。
 調べなどによると、永原君は1日から淡路島での合宿に参加。2日午前までは元気だったが、昼以降は頻繁にトイレに行ったり、練習場の隅で寝そべったりするようになった。
 このため、柔道部顧問の男性臨時講師2人が「練習をしっかりやれ」などと説教。このうち29歳の講師が永原君をホテルのロビーに正座させた上、顔を平手で殴ったり腹をけったりするなどの体罰をした。
 神戸市教育委員会によると、2日は午前6時15分から練習を開始。5分間の休憩(計3回)や食事を挟み、午後5時20分まで練習した。練習場の武道館には、4つの中学校から約100人が集まっていた。
 市教委の小川雄三教育長は「体調不良のサインを見落とした可能性がある。講師2人から事情を聴いた上で厳正に対処する」としている。 


時事通信より

死亡まで行くのはあまり無いとして、全体の体罰による暴行傷害の件数からいえば氷山の一角なのだろう。

厳正に対処するとなっているが最終的にはどうなるのだろうか。
殺人事件の犯人としてきっちり処罰してもらいたいものだ。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。